インターネットによる誹謗中傷対策・予防

 

インターネット上での書き込みは

自分の意見を発することのハードルが

他のメディア媒体に比べて格段に低く

また、対話する相手の生の感情を読み取る材料が

少ないです。

その為に、相手の事をあまり配慮せず

安易に高圧的な言葉を使い掲示板や

ホームページで書き込む人が数多く存在し

誹謗中傷・名誉毀損が頻繁に発生しています。

ネット中傷対策

一度、インターネット上へ露出してしまうと

最近のTwitter、Facebook、ブックマーク、その他共有

サービスへと拡散されることがあります。

大手のサービスの場合は、その傾向が強く

短期間のうちにあらゆるサービスへと拡散してしまいます。

また、拡散したデータはよほどの内容で無い限り

削除依頼をお願いしても削除されることはありません。